毛乳頭細胞研究

最終更新日

発毛・育毛メカニズムに新たな兆し!『世界大会2連続学術発表達成!』信憑性No1の効果とは!?
パヤパヤがボーボーに?『内服薬で毛は生えるのか?』ウソみたい本当の話。
すぐ分かる!『育毛剤の信憑性 早見表』迷っている人はまずはコチラのページから。

HOME > 調査した育毛剤 > M-1毛髪ミスト > 毛乳頭細胞研究

M-1毛髪ミストの毛乳頭細胞研究 M-1開発チームの快進撃!

第27回 「日本皮膚外科学会総会・学術集会」 にて学術発表

M-1毛髪ミストメディアに載っているタイトルをみて、「マジか?」と思ってしまったのが正直なところ。一介の化粧品会社の研究所が学術発表なんぞできるわけがないのを私はよく知っているからである。

でもマジだった。ほんとにマジだった。
大手の化粧品会社の研究所であれば(無いところが多いが)いざ知らず、「学術発表」というものは、そんじょそこらの科学者達ができることではない。しかも「日本皮膚外科学会」。
ちょっと笑えるくらいすごい。

.

〜育毛理論に急展開〜
毛乳頭細胞による新規育毛活性化機構を提唱
平成24年9月1日・2日に開催された第27回日本皮膚外科学会総会・学術集会にて、 中央研究所 M-1研究開発部プロジェクトリーダーの松島一幸博士が学術発表を行いました。 当研究所のメインプロジェクトの一つである毛乳頭細胞研究の最先端について 「ヒト毛乳頭細胞一次繊毛の構造と機能の関係」というタイトルで発表しました。 今回は、毛乳頭細胞が支配する発毛シグナルを当社が世界で初めて可視化に成功した一次繊毛(単離培養 毛乳頭細胞)の観点から行った研究成果です。

.

世界初の繊毛(せんもう)の可視化ニュースから1年も経たずに学術発表

M-1開発チームが毛乳頭細胞の中にある器官の観察に初めて成功したニュースは知っていたが、それから1年も経っていないのに、その器官の研究を学会発表した。
これもすごいが、この学会のプログラムをみると、どこそこ大学の医学部ばかりが並ぶ中、化粧品会社はサラヴィオ化粧品のみ。
これはどういうことか?

毛乳頭細胞はいろんな会社や研究室で研究されているだろうが、学会発表できるまでの研究は大学の医学部でも研究できていないということである。もっと言えば、育毛剤や発毛剤を発売している一部上場の製薬会社でもM-1開発チームまでの研究成果はでていないということである。

学会発表できるネタがある事じたいがまずすごいが、その内容と研究成果を出せる早さがM-1開発チームのレベルの高さを物語っている。 言うまでもないが、これはもう育毛剤の信憑性を通り越してこれしか信用できないと言っても過言ではないレベルだ。

.

M-1開発チームの研究成果の概要

■単離培養した毛乳頭細胞一次繊毛の蛍光染色観察(繊毛の可視化)
■一次繊毛の長さ(繊毛長)の定量的解析
■繊毛長の制御系の構築
■繊毛によるケラチノサイト(上皮系細胞)の細胞分裂増強作用を発見
■繊毛による線維芽細胞(間葉系細胞)の細胞分裂増殖作用を発見

毛乳頭細胞と繊毛について

毛髪のヘアサイクル(成長期‐退行期‐休止期)は毛包細胞間のシグナル伝達によって支配されている。毛乳頭細胞は、発毛シグナルの司令塔と言われ、常にヘアケア研究の中心的存在である。毛乳頭細胞におけるシグナルの送受信に深く関与しているのが繊毛(せんもう)であると考えられており、世界の注目を集めている。

M-1毛髪ミストの詳細ページへ
.

M-1関連ページ |M-1毛髪ミストの解説ページへ毛乳頭細胞研究M-1開発チームの研究所| 

育毛剤の信憑性ランキング

信憑性ランキング サラヴィオ化粧品M-1毛髪ミスト
信憑性ランキング 資生堂アデノバイタル
.

調査した育毛剤

薬店で買える育毛剤 リアップ5X
カロヤンアポジカ∑
髪乃素
アデノバイタル
サクセスバイタルチャージ
通販で買える育毛剤M-1毛髪ミスト
リアルラゾンDX
薬用凌駕
ポリピュアEX
BUBKA
.

育毛剤の知識

このサイトは髪の悩みを抱える方へ、育毛剤の信憑性や安全性を広く知らしめる為に公開しています。育毛剤は直接地肌につけるものです。どこで作られてどう作用するのかをきちんと理解して使って下さい。
このサイトについてはこちら


買う前に知りたい!通販育毛剤の信憑性  『育毛剤信憑性ランキング』