育毛剤 信憑性ランキング

最終更新日

発毛・育毛メカニズムに新たな兆し!『世界大会2連続学術発表達成!』信憑性No1の効果とは!?
パヤパヤがボーボーに?『内服薬で毛は生えるのか?』ウソみたい本当の話。
すぐ分かる!『育毛剤の信憑性 早見表』迷っている人はまずはコチラのページから。

HOME > 育毛関連ニュース > 発毛因子FGF-10 vs FGF-7 技術力の熱い戦い!

発毛因子FGF-10 vs FGF-7 技術力の熱い戦い!


発毛因子FGF-10を3倍に増加(サラヴィオ化粧品)育毛剤による育毛効果の優劣は成分によって決まるのは間違いない。
成分の有効性を示すデータがその育毛剤の信憑性を裏付けるし、それを前面に出して売り込むのだ。
誰も、育毛剤のボトルやネーミングで売り込む営業マンはいない。

今まで、研究データが示すもので育毛に効果があると疑わなかったのは、アデノバイタルに含有されるアデノシンだ。
アデノシンは細胞増殖因子であるFGF-7(エフジーエフと読む)を増殖させることによって、発毛・育毛効果を望む。 ものすごく納得しているし、流石大手メーカー、レベルが違うとひれ伏したものだ。

が、だ。
今ここでとんでもない研究成果が発表された。
同じく細胞増殖因子のFGF-103倍に増殖する実証データが発表されたのである。
驚くのはまだ早い。
実はこの発表は、M-1の製造元であるサラヴィオ中央研究所からの発表というから二度びっくり。
さらに!
通常は成分単体での実証結果を公表するものだが、サラヴィオ中央研究所から発表された内容は、商品M-1での実証データというのだ!埋まるほどびっくりした、ほんとに。

どういうことかというと、
商品アデノバイタルに含まれる成分アデノシンにはFGF-7を増殖させる作用がある。
成分アデノシンは育毛に有効な成分なのは間違いない。
が、商品アデノバイタルとみると、アデノシンのほかにβグリチルレチン酸、パントテニールエチルエーテル......と続き、経皮吸収機能を阻害するアルコール系成分が含有されている。
つまり、商品アデノバイタルとなった時、成分アデノシンの有効性はほとんど期待できないと思っていい。

反して、サラヴィオ中央研究所が発表した内容は、商品M-1での実証。
つまり、M-1ミストの成分ではなく、M-1ミスト自体がFGF-10を増殖させるのである。

正直これは聞いたことがない。
どの育毛剤も、商品ではなく成分で実証データを出している。
アルコール系を多く含む育毛剤で細胞活性が起こることはあり得ないからだ。

次の問題は、FGF-10 と FGF-7 では、どちらがより効果があるかという問題だ。
しかしこれは同じ土俵にすら上がらないと私は思っている。
だってどちらがより効果があったからと言って、一般消費者が使うのは「商品」である。
「商品」で有効性を示さない限り、誰も納得しないしリピートしないだろう。

技術力の向上で、育毛剤の信憑性を測るデータが次々と報告されている。
日本は他国に遅れをとっていると思っていたが、それは一昔前である。


どういう訳か、このサイトで1位、2位の育毛剤が、FGF-10 VS FGF-7 の研究合戦を繰り広げている。
方や日本一の化粧品メーカー、方や一介の化粧品メーカー。
どちらが消費者に選ばれるか、今後も見守るつもりである。

育毛剤の信憑性ランキング

信憑性ランキング サラヴィオ化粧品M-1毛髪ミスト
信憑性ランキング 資生堂アデノバイタル
.

調査した育毛剤

薬店で買える育毛剤 リアップ5X
カロヤンアポジカ∑
髪乃素
アデノバイタル
サクセスバイタルチャージ
通販で買える育毛剤M-1毛髪ミスト
リアルラゾンDX
薬用凌駕
ポリピュアEX
BUBKA
.

育毛剤の知識

このサイトは髪の悩みを抱える方へ、育毛剤の信憑性や安全性を広く知らしめる為に公開しています。育毛剤は直接地肌につけるものです。どこで作られてどう作用するのかをきちんと理解して使って下さい。
このサイトについてはこちら


買う前に知りたい!通販育毛剤の信憑性  『育毛剤信憑性ランキング』